「アカシア演劇指南塾 3rd season」卒業公演やります!

皆さんこんにちは。
最近、お気に入りのアイスをコンビニで見つけられず、ドンヨリしているスタッフです。
仕方がないので、ヨーグルトで口をごまかしています。

さて、そんなドンヨリ気分も晴れるような、ハッピーなお知らせがございます。

今年になってからも、たくさんの講師の方がお越しくださっている「アカシア演劇指南塾」。

身体のトレーニング方法や (運動不足のスタッフは翌日に筋肉痛)
市電での演劇公演 (札幌の市電は電車を貸しきってお芝居できるんですよ!)
病院を舞台に、無茶ブリな演出に応える (「歌舞伎役者風に」「舞妓さん風に」などなど)

といった具合に、多種多様な内容を学び、取り組んでいます

そんな塾生たちが来月、卒業公演を行うことになりました。
ゲストアクトを含めて全三演目。
多くの学びを吸収した塾生達の姿を、ぜひご覧ください!

※フライヤーは、学校でデザインを勉強する塾生が目下製作中です!

===========
アカシア演劇指南塾 3rd season 卒業公演「greatful days」

2018年3月17日(土) 19:00 開演
        18日(日) 15:00 開演
※開場は開演30 分前 ※上演予定時間 70 分
※18日は公演終了後卒業式を20分程度行います。ぜひそちらもご出席下さい。

===========
guest act 舞台芸術等企画団体 浦とうふ店
「蒸す目」
彼女は。向き合った2人は。全く同じような、こう、顔をしていた。
「もしも私がいま死ぬのだとしたら」
私は、君に何を伝えよう。

脚本:前島宏一郎(イチニノ)
演出:浦竜也
出演:うに
    菅原美保(浦とうふ店)
===========
act.1「ピロシキ」
診察室に医者と患者。患者は医者から告げられた病状に耳を疑う。
「どういう意味ですか?私の腎臓がピロシキって」

脚本:中野守(中野劇団)
演出:浦竜也
出演:阿部七菜子(劇団宴夢)
    夏目コムギ
===========
act.2「愛のテーマ」
別れを切り出した男と、切り出された女。会話はなく、無言の時間が流れる二人。
だが、彼らは心の中で自問自答を繰り返している。

脚本:ミヤザキカヅヒサ(絶対鈍器)
演出:浦竜也
出演:飯綱いるか(デンコラ)
    石井南帆(小樽商科大学演劇戦線/想世界プロジェクト)
    桐澤くらら(札幌医科大学演劇部)
    葛原忍
    斉藤健吾
    関野春華(札幌東商業高校演劇部)
    高田竜弘(山の手高校演劇部)
    遠藤ユウスケ
===========

○チケット無料
※各ステージ30 名につき要予約。
※混雑時は立ち見となる場合がございます。ご了承ください。

○ご予約方法
 【メール】akashia@sapporo-youth.jp
  件名に「アカシア演劇指南塾予約」と記載頂き、
  ①お名前 ②ご来場日程 ③人数 を本文にご記載下さい。
  担当者より折り返しご連絡致します。
  ※メール予約締切 3月16日(金)10:00
 【TEL】011-752-7959
  スタッフにアカシア演劇指南塾予約の旨をお伝え頂き、
  ①お名前 ②ご来場日程 ③人数 をお伝え下さい。
  ※電話予約締切 3月17日(土)10:00

〇会場
 Youth+アカシア 1階 活動室1
 (〒065-0022 北海道札幌市東区北22条東1丁目1)
 駐車場は若干数ご用意しておりますが、混雑が予想されます。
 公共交通機関をご利用ください。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.

 
Uses wordpress plugins developed by www.wpdevelop.com