「アカシア演劇指南塾 3rd season」卒業公演を行いました

皆さんこんにちは。
顎関節症疑惑のあるスタッフから、
先日行った「アカシア演劇指南塾」卒業公演の様子をご紹介します。

昨年、予想以上にたくさんのお客さまにご来場いただき、立ち見が出てしまったことから、
今回は二日間に亘って開催しました。

指南塾三期生はもちろん、昨年参加した二期生や浦とうふ店のメンバーも総動員。
ゲストアクトや、演出助手、音響、照明、会場係、ヘアメイクなど、様々な形で関わっていただきました。
今年で三年目となる演劇指南塾ですが、回を重ねるごとに仲間が増えていくのは、
演劇の持つパワーかもしれません。

約一ヶ月間に及ぶアカシアでの稽古は、
学校、仕事、サークル、部活の大会、テスト勉強、就職活動、卒業式など、
それぞれの日常生活と同時並行で進められました。
疲れたな、辛いな、しんどいな、と思う瞬間もあったことと思います。
それでもそんな様子を見せない、バイタリティあふれるみんなの姿に、
人知れず元気をもらっていたスタッフであります。

実は今回、私もわずかなシーンながら出演させていただきました。
(はい皆さん、えーって言わない)
みんなの足を引っ張らないか不安だったのですが、
どんな気持ちで稽古に取り組んでいるのか、
ステージに立つ前にどんな気持ちでいるのか、
演劇のどこがどんな風に楽しいのか、
同じ時間を過ごすことで、ほんの少しだけわかったような気がします。

これからの人生、演劇に関わる人も、そうではない人も、
仲間と共に公演を作り上げ、成功させたことは、揺るがない事実です。
今回の公演を今後の自信につなげていってくれたら幸いです。

若者の熱さを直に感じ取り、スタッフにとっても貴重な体験となりました。
一期生、二期生、浦とうふ店の皆さん、ゲスト講師の方々や観に来てくださったお客さま、
演劇指南塾に関わってくださった全ての方に感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.

 
Uses wordpress plugins developed by www.wpdevelop.com