飯炊ぐ匂ひ

『秋の田舎飯』のご報告です。
今回のメニューは土鍋ご飯と秋魚。
七輪でさんま・秋鮭・ほっけをしっぽり焼きました。

「わー生臭い。」と言いながら、
ただただ見守っているだけの私の隣で
ぴよーっと可憐にさんまをさばくステキ10代女子。
「焼き魚は骨をよけるのがちょっと、めんどうよね」と心の中でつぶやいていると
「食べな!」とほぐした魚たちをあ~んしてくれるステキ20代女子。
なぜでしょう。2人に壮大な母性を感じました。
そして、火おこしから、火の調整、炭の片付けまで背負ってくれた
男性の皆様、本当に感謝です。
田舎飯は若者の支えがあってこそできる企画だなと
再確認いたしました。

10月の田舎飯は
『秋の味覚をぞんぶんに。土鍋で炊き込みご飯!』を予定しております。
日程が決まり次第、お知らせいたします。

毎日続ける 大豆の健康 キャメスでした。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.

 
Uses wordpress plugins developed by www.wpdevelop.com