ENGINE-LINK通信 第4回「国境なき意志団」

ENGINE-LINK通信第4回目をお届けします!

今回は「国境なき意志団」の代表、日高さんにお話を聞かせていただきました。

この日は稽古だけではなく小道具づくりやメイクの検討がおこなわれていました。

(ここから更にすごくなる!?)

日高さんもせっせとピンポン玉に穴を開けつつ、こころよくインタビューに答えてくださいました!

(このピンポン玉が何になるかは公演を見てのお楽しみ!
ちゃんと「???」に見える素晴らしい仕上がりでした!)

併せて稽古中の写真もお届けします。

 

【意志団結成まで】

―――確か意志団は設立から結構たっていますよね?

はい、今年で6年目ですね。

―――設立のきっかけは何かあったんですか?

きっかけは僕が芝居をやりたかったからっていうだけです。
僕は意志団の前にも他の劇団で芝居をやっていたんですが、
当時はやめてしまっていてどこにも行き場がなかった。
そんなときに専門学校の同窓会があって、僕がやるんだったら力を貸すって言ってくれたのが
2人いて、それで3人で「国境なき意志団」を立ち上げました。

―――他のメンバーは?

今いる団員の9割が専門学校の後輩ですね。今スタッフ込みで12人です。

【意志団の今】

―――劇団自体のキャッチフレーズってありますか?

多分来年変わるんですけど、正統派異端系」っていうのがうちのキャッチフレーズです。
うちがやっているのは新劇といって、昔からある人情劇とかそういうのではないんです。
小劇場に根ざしてお客さんに一番近いところでいたいっていうのと、
それだけだったら面白くないので、「異端系」の部分ですけど、殺陣を入れたりダンスや歌を入れたり。

―――そういえば意志団はいくつかの部門に分かれてますよね?

はい、女性だけの「~鏡~」や映像部隊の「~Agate~」があります。
「~鏡~」はバンド活動なんかも企画してます。

―――映像部隊というと

「~Agate~」の作品自体は今回の100人プロモーションとかですね。

―――公演のPVですね。面白かったです!PVが団の中でできちゃうのっていいですよね。

外に頼んだほうが早いし出来もいいかもしれないですけど、やっぱ僕は
若手の育成をしたいんで、やりたいってことはどんどんやらせたい。
僕が責任を取って解決できることなら何でもやらせようと思うんです。

【意志団のこれから】

―――先ほど来年変わるというお話がありましたが。

新人が増えてきたので、新人の育成に時間をかけたいんです。
だから5月に予定していた公演をやめて、11月の公演1本に絞る。
そのかわりファン感謝デーとかやって、お客様との繋がりをもうちょっと深めたり、
あとは「~Agate~」のほうを動かして映像作品に力を入れてみたいなと思っているんです。
今後映像コンテンツも舞台上に取り入れていけたらな、と。

―――じゃあ来年を一言で表すと?

なんだろう?イノベイション(笑)?変革です。良くも悪くも変革になればいいかなと。
あとゆくゆくは舞台で食べていくという仕組みを作ってやっていければいいなと思っています。

【第八回公演「モンスターボックス」について】

―――今回の舞台はオリジナル脚本ではないとお聞きしましたが。

そうです。意志団は初演は既成の台本で、それ以降はずっとオリジナルをやってきました。

―――なぜ今回はオリジナルでないものをやろうと思ったんですか?

オリジナル脚本ばっかりやっていると、自分のやりたいようにやっちゃうんですよね。
脚本家もある程度僕らに似せて書いたりしますし。
意志団の強みをどんどん出していけるという面もありますが。

例えばライオンキングなんかは役者6人とかで主人公をまわすんですけど、
演じている人によって6人6様なんです。演出も変わってくるし。
でも誰が見ても当たり前のように同じ役に見えるってすごいことだなと思って。

そういうのをやってみたい。
既成の脚本って、要は誰かが誰かのために書いたものだから、
否が応でも自分に合わないところがいっぱいあるんですよ。
既成ならではの難しさがあるんです。

―――じゃあ今回は意欲作というか、挑戦という感じですね。

はい。改めて一に戻ってやってみようかなと。
まあ、今びっくりするくらいみんな大苦戦してます(笑)。
本番2週間前なのにヤバイ(笑)。

【最後に一言】

―――では、最後に一言お願いします。

演劇サイコーです!
だからみんな演劇やろうぜ!!
演劇LOVE!!!

―――ありがとうございました。

 

いかがでしたか?

「国境なき意志団」さんの様子が伝わったでしょうか?

今回稽古中だった舞台はこちら↓

国境なき意志団 第八回公演
「モンスターボックス」

日程:12月2日(金) 19:00~
     12月3日(土) 14:00~  19:00~
     12月4日(日) 14:00~  18:00~
     ※全5ステージ

場所:札幌スクールオブミュージック専門学校/札幌放送芸術専門学校 7F/LS-1
    (札幌市中央区北1条西8丁目2-75)

料金:2,000円(当日2,500円)
     ※学生割引1,500円(要ネット予約)
     劇団ホームページ→http://www.isidan.net/

お問い合わせ:lets.go.isidan@gmail.com
担 当 :制作/坂東(080-1875-7048)/渡邊(080-1862-9398)

 

「国境なき意志団」のみなさん、ありがとうございました!

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

56 Comments »

 
 
 
Uses wordpress plugins developed by www.wpdevelop.com