まちづくり座談会を開催しました

10月14日に、総合センターにてまちづくり座談会を開催いたしました。

始めに、札幌市のまちづくり参加促進大使である
一世一代時代組のメンバー、松村洋平様に、
これまで携わってきたまちづくりについてお話いただいた後、
中央区東地区連合町内会会長の志村周次様に、
町内会の役割等についてお話をいただきました。

町内会は、住民の親睦を図ることを最たる目的とし、
新年会、盆踊り、炊事遠足、ラジオ体操など
自然には発生しずらい住民の交流の場を提供しています。
隣人関係が希薄になっている現代において、
町内会の果たす役割は意義あるものと感じました。

一方、町内会は、後継者不足という大きな課題も抱えているようです。
町内会を運営する人材が減っていけば、その活動がどんどん衰退していきます。
今こそ、若い人たちの力が必要だということでした。

 
参加した皆さんも志村様のお話を聞いて、
町内会が自分たち若者を必要としているのだと感じたようです。
その上で、自分たちが町内の活動にどのように関わることができるのか、
また、若者を町内会に呼び込むためにはどうすればよいかを考えました。

SNSを使って町内の情報発信を若者が担う、
若者の発想で、若者が参加して楽しめるような企画を考える、
町内会に参加した若者に色々なことを委ね、達成感を味わってもらう、
などといった意見が出されました。

議論するにとどまるだけではなく、実際に行動することが重要です。
そこで、12月をめどに、町内会の方を招いて若者が企画・運営をする交流会を開催します。
地域の方と関わる喜びを知ってもらい、まちづくり活動の一歩を踏み出しましょう!
関心のある方は、ぜひご連絡ください。

【連絡先】
札幌市若者支援総合センター 担当:新沼
Tel:011-223-4420 Fax:011-231-2884
E-mail:center@sapporo-youth.jp

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

59 Comments »

 
 
 
Uses wordpress plugins developed by www.wpdevelop.com