若者活動取材日記~fire worksさん 旗揚げ公演~

先日総合センターで行われた芸術祭では、たくさんの若者がご協力してくださいました。

(総合センター芸術祭詳細ブログ→https://www.sapporo-youth.jp/center/blog/?p=526

芸術祭ライブ出演者の児玉梨奈さんが、芸術祭についてのブログを書いてくださいました。→http://rimaman.blog.so-net.ne.jp/

その協力者の1人である、会場設営・企画を手伝ってくださった、米澤春花さんが劇団「fire works」を立ち上げました!!

これに伴い昨日、8月25日旗揚げ公演が行われ、活動取材に行ってきました。

チラシより抜粋↓

fire works  旗揚げ公演 「にわにはにわにわとりがいて。」
ちーちゃんはお父さんとお母さんとポチの4人家族。あと、たまにタマがくるから5人家族。ちーちゃん家の周りにあるのは田んぼと、畑とちょっと離れた所に綺麗な真っ直ぐな国道。お父さんは農家で、お母さんは手伝ってて、名前をつけるのはいつもお父さん。だから、知り合いから貰ってきて孵ったヒヨコにも、お父さんが太郎と次郎と名付けた。ヒヨコ、ぴょこぴょこ2ぴょこぴょこ。ヒヨコはどんどん大きくなる。どこからかニワトリになる。お父さんは、ちーちゃんに大切な事を教える為に大きな決断をする。そうしてニワトリはどこからトリ肉になる。  【脚本/演出】 米澤春花

会場は琴似駅内にあるパトスさん(http://www.concarino.or.jp/patos/

到着すると、さっそくチラシが貼ってありました!

中に入ると米澤さんが元気に挨拶してくださいました。

「にわにはにわにわとりがいて。」

公演名どうり、舞台が始まると三人の家族と鶏、犬、猫が登場してきました。

役者さん同士のコミカルな掛け合い、そして生き物たちと小学生の女の子を通して命や生きることとは?を、じっくりと押し付けのないストーリーで伝えてくださいました。

公演後、米澤さんより次回公演についての構想も聞くことができました。

近々総合センターに遊びに来てくださるそうです!

今後のfire worksさんの活動が楽しみです。

米澤さんメンバーの皆さん取材のご協力ありがとうございました!

本日8月26日(木)、19時より最終公演が行われます。
【料金】 前売 一般¥1,200/学生¥1,000
      当日 ¥1,500

【会場】 ターミナルプラザことにパトス

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

60 Comments »

 
 
 
Uses wordpress plugins developed by www.wpdevelop.com